人間なんて、そんなもん。

私の育った環境は、とても劣悪でした。
右見ても、左を見ても、人格障害な人達で。

一番酷い状態の時は、公園の水道の水を飲んで空腹を紛らわせてました。
1日1食、食べられればラッキーでした。

近所の農家の庭先に成っている柘榴や柿、グミの実が美味しそうでね。

取ったら怒られるのは判っているので、
地面に落ちたものを公園の水道ですすいで食べたりしてました。

あとは、どんぐり食べたり、筍掘って生のまま食べたり。

家の中はゴミの山のスラム街のようでしたし、お風呂なんて入れません。
歯磨きをする習慣も教わってないので、歯はボロボロ。
ネグレクトを受けた子供の典型な暮らしでしたね。

給食費や学級費を持っていけないので(そんな催促を母にしたら発狂しますから。)
集金に来ている同級生のお母さんの視線の厳しいこと。

払ってないのに食べれば、
それをその母親から聞いて知っているクラスメートから泥棒コールが起こります。

だから、近所に林と竹林があったので、学校へ行くふりして、時間が過ぎるのを待ってましたね。
暗くなるまで、公園の樹の上に登り、夕日を眺めてました。
暗くなっても家に帰るのが怖いので、物置に入ってジっとしてたり。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

こうやって書くと私の小学生時代は暗いのですが。

子供って自分を空想に逃がして自分を守るので、
自然と真剣に遊んで学んでいたことを覚えていて意外と楽しい記憶もあります。

暗黒と感じた時間もあったけど、今暗黒にいないしね。

昆虫や動植物に親しんだのはその時からですね。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

12歳の時に、絶望しきってから自己主張を始めました。
このまま黙ってこの生活に流されれば死ぬしかねーな。という事件があったので。

この後、あそこで死んでれば。と3回くらい思いましたが。

死。というのは肉体だけでなく。
心や精神だけが死ぬこともある。
どちらかと言えば、そっちの方が多いのではないでしょうか。

死んだように生きている人。っているでしょ。
私はああなりたくなかったんです。

今の私は諦めなかったから、とても幸せ。というか楽しく暮らしてます。
幸せになる為に手段を選ばなかったから。

ここで言う手段とは、人からの評価を完全に無視したことです。

親は大事にしなきゃ。とか、
母とは、妻とは、嫁とは、とか、

この世界には訳の判らない、誰も幸せにしないルールが腐るほどある。
それを自分の幸せ基準以外は完全に無視しただけです。

結果、その世界の人達から村八分にされ、悪口も流布されます。

でも、その人たちが私をさりげなく気遣ってくれたことも、
優しい言葉を掛けてくれたことは1度も無い。

変な褒め殺しみたいなおべっかは言うけどね。

別に真っすぐに生きるのが正解でも正しさでもないです。

人間なんて、そんなもん。
それくらいに思う方が気楽です。

そう中々思えないのも判ります。
だから、少しずつ少しずつ重ねて重ねて思えるようになればいい。

四六時中、私幸せです☆とか言ってる人みると、躁状態?と思う時ありますしね。

今日は夕飯旨かった~。とか、
嫌いなヤツの影踏んだった!とか。

私はそういうささやかな楽しさが人をハイにもローにもしない気がします。

そして、人と比べ過ぎて凹まないようにする一歩は。
等身大の自分をとにかく見つづける。

それをしたくないから、人ばっかり見つめるんです。
最初はヒィィ~って思うだろうけど、続ければあばたもえくぼ☆になりますから。

あばたもえくぼ。が判らない人は調べてね。

幸せになる極意って地味でささやかなもんだと私は思ってます。
極意はそれをどれだけ絶えず続けられるか。かな。

そうそう、魔法も魔術も根気です。
根を張るってことです。

根繋がりで、京成バラ園のバラ。
e0233191_00385601.jpg

レイキ講座、思考と生き方のクセを知る心理学講座、
カードとコラボセッションのお申込みお待ちしております☆



☆ブログランキングに参加しています。クリックお願いします☆

人気ブログランキングへ


[PR]
by ricca218 | 2014-06-12 00:48 | 心理学系のはなし

埼玉県ふじみ野市在住 タロットセッション、魔法と心理学講座、レイキ講座を開催しています


by 熊谷千春
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30