悪意の連鎖。を読んで思ったこと

うーほー( ;∀;)

ドイツ旅行記の写真3日目をまとめ終わって、
さー、書くぞ!とウキウキでいたら、

2日目すっ飛ばしてたorz


こういう時って凹んでるので、
ドイツ旅行記をヤケになって書くの止めよう。。


私にとって、ドイツは大事にしたい場所だから。

e0233191_21145630.jpg

さて、色合いの違うことを今日は書こうかな。

数日前、山田ズーニーさんのツイッターが目に入り少し考えていた。

というか、まだ考えている。
考えているなりの今を書いてみようかと。

山田ズーニーさんのツイッターはこちら
https://twitter.com/zoonieyamada


考えたのはこちらの内容です。

日刊イトイ新聞 おとなの小論文教室
Lesson262 連鎖

悪意のあるメールは確かに堪えます。

それも、そこそこ知っていると思っていた人からのメールは色んな意味で堪えます。

長文で何通も届くと怒りも恐怖も倍増するしね。
ちなみに早朝や深夜の電話も恐怖だけど。

メールという文章には独特の魔が宿り気味が悪い。です。


が、場合によっては脅迫の証拠になるので保存は大事ですよ。

私は以前は即捨てていたのだけど、
(腹立つから)
今は保管する場合もあります。

これは以前参加したストーカー対策でも大事です!と強調されていました。

ストーカーは今では恋愛間だけでなく、
あらゆる関係性で発生していますので。

植木屋さんがストーカーされた話しとか、
恋愛以外の事例はたくさんあります。

私の事例はストーカーでも何でもありませんが、解決するまで時間は掛かったかな。

今ではネタにして笑いや講座での例として使えるようになったけど半年近く引っ張った。

引っ張った理由は、

この件が何か月も続いたから。


ホント、こりごり。

未来永劫関わりたくないですわ。


ズーニーさんの文の中の、
「いや、ある人が、必死で自分を生きている。
そのことだけで、すでに攻撃だと感じる人はいる。
生きてるだけで、すでに攻撃。
表現する以上、覚悟しなければ。」

結局はこれが全ての答えだと思います。

メールには色んなことが細かく書いてあったけれど、
理由なんて本当は何もない。

その人にその時期に何か辛いことがあり

(推測ですが)
たまたまその時に読んだ私のブログの何かが琴線に触れた。

で、ズーニーさんがお母さんにやってしまったゴミ箱やサンドバックのターゲットに丁度良かっただけ。

この件については私にしては珍しく色んな人に相談した。

相談するのは基本好きでないから、
実はかなりのストレスになったんだけど。

ではなぜやったかと言えば、
仕事を続けて行く上で次を起こさない為。

ゼロは難しいだろうから、
自分の感じた兆しを気のせいにしない。

ことを心掛けてます。

ENMAカードではストレートに
『直感』が出てましたよ。
無視すんなや!と何度も出て頭を垂れました。。

この件が起こってから、
実は、という話しを聞くことが何度も合って、
何回悔やんだことか。

今、仕事で関わっている方達の親切丁寧さを知るにつけ、
忙しいだけだろうから勘ぐり過ぎかな。と思ってた自分の浅いこと。(苦笑

その人より何倍も忙しいだろうに、
皆さん、いつでも誠実で丁寧な対応です。

だから、親しいという名を借りたマウンティングだったんだな。というのも、よく判った。

そして、厄介なのが、
この人は私以外にはとても善き人です。

細かい経緯を話すまで、
私が何かをしたと思われている人が大半だったみたいね。

実際そう何人にも言われたので。

そんなに怒らず許してあげなよ。
と何も知らない人に言われたわ。

ちなみに、そう思う人はそれでいいんですよ。

別にそう思う人と深い付き合いも信頼関係もないし、どう思われようがいいから。

それに、本当のことを言った所で自分がやられていない人は、先に泣いた人間の言葉を信じる。

娘の母親業をしていた時にそんな体験は何度もしている。

どの世界にも修羅の世界がある。

世界というのは、いろんな面がある。
ただ、それだけだ。


私が思う悪意の連鎖を断つには。

やられた側は、自分ははっきり悪くない。
と、しっかり自覚する。

やった側は、
自覚のない最悪の悪意をぶつけたんだ。
と、しっかり認めること。

ただ、加害者側の心理は被害者意識がとても濃く、
徹底した否認(逆キレか違う話しのすり替えとか)で来ると思うので、
相手の反省や謝罪は望まない方が楽かと思います。

どなたも経験があると思いますが。


上っ面の謝罪をされた時の怒りと虚しさの破壊力は自分を傷めます。

私も最初はびっくりして、
仕事の依頼のメールを何度も読み返して、
自分が何かしたのだろうか?と考えました。

でも、無いんですよ。
気のせいじゃなくて、本当にない。

人に聴いたりメールを全部読んで貰ったりしたのは自分の防衛機制が暴走して、
無視したりすり替えをしていないかをチェックする為にもしました。

でも、無かった。

チェックは虚しい作業ではあるけれど、
ちゃんと知らないと自責という防衛機制が暴走し自分を傷める。

それって自分の運下げるから。


自分悪くないのに運下げるなんてもったいない。


自責という自分への八つ当たりもきちんと防がないとね。

他責は持ってのほかですが。


あれから月日は経ち。
数は少ないけれど。

自分がどんなに辛かろうが、
八つ当たりというテロを起こして、
戦争の火蓋を切らない人はいる。

心理学ではこれはゲームといいますが。

そんなことをせずとも、
自分にウソつかない人はやらん。

少なくとも、気が付いたら必ず修正を掛けている。

こう書くと完璧な人のように聞こえるだろうけど。


そうじゃない。

自分の喜怒哀楽に責任持ってるんですよ。

自分が人を嫌うのも嫌われるのも自由にしている。

自由ってのは、責任とセットだから。


最後にズーニーさんのツイッターから。

愚痴でも悪口でも溜めるより出したほうがいいという意見があるが、
「本当に出したいものを表現すること」が大事。

本意を出すには、誰に言いたいのか、何を言いたいのか考えねばならず。
その面倒さから逃げ紛らわすのが愚痴等で。

言っているうちにどんどん本意から遠ざかり、やがて見失うから恐ろしい。

FBでも、このblogでも。
垂れ流しという悪意の連鎖だけはしないようにしたいです。

表現するからには逃げは打たない。
弱音も怒りも醜さも、意識して真っ直ぐね。

自分だけは見失っちゃアカンよ。

それにしても、ズーニーさんの文章は心臓をベロンとめくられるような、
そういう無視出来ない引っ掛かりをよく感じます。

ま、キレイ事で生きるなよ。
ってのを教えてくれてるのかもしれないです。


◇セッション&講座のお知らせ◇
hoshi*
幸せな王国作り講座
hoshi*レイキ講座
hoshi*レイキヒーリング
hoshi*Lifeカウンセリング
hoshi*ENMAカードセッション
hoshi*
ENMAカードリーダー(札師)養成講座


☆ブログランキングに参加しています。クリックお願いします☆




[PR]
by ricca218 | 2015-08-15 22:55 | 心理学系のはなし

埼玉県ふじみ野市在住 タロットセッション、魔法と心理学講座、レイキ講座を開催しています


by 熊谷千春
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31