祖母→母→私で家族の調整役(愚痴聞き)を止める

◎2014年8月25日に書いたブログの再掲載です。

先日読んだツイッターでこんな感じの文を目にしました。

「家族の愚痴を聞かされ続けた人は、家族の調整役になって苦しむ。」

AC(アダルトチルドレン)で表すと、
ケアテイカー(世話役)が一番近いでしょうか。

信田さよ子さんはACは診断名でなく、

自己認知といつもおっしゃってますが、
自分が被害を受けたと思えばそれは診断は必要なくACなんです。

ただ、だから可哀想な私…にならないようにね。
悲劇のヒロインは百害あって一利無し。

~・~・~・~・~・~・~・~・

お盆休みに娘にこんなことを言われました。


「お母さんさ、ひい婆ちゃん(私の祖母)や、
じーじ(私の父)の介護もして葬式とかもやったし、
私はちゃんと就職して自立出来て子育ては完全に終わったでしょ。

これからの人生さ、お母さんの好きなように生きなよ。
好きなことして楽しく生きなよ。」


最初、何を言ってんだか判らず???と

少し考えてから、


「ああ、ありがとう。
気持ちは嬉しいが

あなたが就職して扶養から外れてから、
好き勝手にやってますから安心してください。」


何かギャーギャー言ってたけど忘れた。(笑


私は自分の母親筆頭に、自分がどれだけ辛くて大変だったか
ネバーエンディングストーリーを幼い頃から腐るほど聞かされた。


6歳くらいから母を慰め持ち上げ、高校生の頃には心底疲れ切っていた。

親の愚痴の威力はスゲーよ。
人の生命力を確実に削ぎます。

なので、娘には一切話さず。


私がどれほど辛く苦しい体験しようが

娘には全く関係ないし。


上の娘のセリフを聴いた時、

私の選択は間違ってなかったな。と。


~・~・~・~・~・~・~・~

ところで、娘がこんなことを言いだしたのは、
ここ最近私のブログを読んでいるからだろう。

多分、お母さんこんな苦労してたんだ…と

思ったんだろうけど。


あなたが心を痛め悲しむことは何1つない。

もう終わった遠い過去の話しで、
今の私は殺されそうになったら

百倍にして返せるようなおばさんになりました
☆イエーイ☆

娘は23歳の大人になっても
私の過去の一端に触れてこれだけ影響を受ける。


これが幼く感受性が繊細な頃に聞かされていたら、
娘は私を心配して自立するのが遅くなり、

自分だけの幸せを作るのが遅れる。

時間は有限だ。
そんなつまらないことに費やしてはいけない。

たとえば、娘が幼い頃から私の辛く苦しい話しを逐一話していたら、
不安定で人を憎む人間一丁出来上がり!だったでしょうね。


憎む権利はやられた本人だけのもので、
誰かに植えつけて増やすものではない。

話すなとは思ってませんよ。

でも、話すなら子供が成人し、

自分の中の整理がしっかり整ってからでいいんじゃないでしょうか。

今は笑い話にしつつ(ブラックジョークとも言うw)教訓話しに変えて話してます。

愚痴るんなら、せめて友人だけにしましょうよ。
ホント大人げないから。

子供はさ、あなたの小さな保護者でもごみ箱でもサンドバックでもありません。

あなたの叶えられなかった夢を叶える道具でも、あなたの老後の保険でもない。

希望がたくさんあるかけがえのない1人の人だから。

~・~・~・~・~・~・~・~・

今、毒親に関わざるを得ない人に一番知って欲しいのだけど。
あなたの辛さを連鎖させないで欲しい。

あなたで終止符を打ち、幸せにならないと。

親はいつでも捨てて下さいね。
あなたが罪悪感を持つ必要は1ミリもありませんから。

親が不幸なのは親の選択で、蒔いた種。
子供が尻拭いして責任取らせないのはダメだよ。

泣こうが喚こうが自殺すると騒ごうが、
全力で無視して逃げられるなら遠くに逃げなさい。

愛している!と言ったとしても、
脅迫するような人間が本当の意味であなたを愛してる訳ないから。


◇セッション&講座のお知らせ◇
hoshi*
幸せな王国作り講座
hoshi*レイキ講座
hoshi*レイキヒーリング
hoshi*
Lifeカウンセリング
hoshi*ENMAカードセッション
hoshi*ENMAカードリーダー(札師)養成講座


☆ブログランキングに参加しています。クリックお願いします☆

人気ブログランキングへ





[PR]
by ricca218 | 2015-03-26 23:52 | 自身雑記

埼玉県ふじみ野市在住 タロットセッション、魔法と心理学講座、レイキ講座を開催しています


by 熊谷千春
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31