なぜ、嫌われ、縁を切られたか真剣に捉えて下さい。

何で嫌われ避けられたのか。
本人に聞いてみたらいいと思いますよ。

男は罪悪感に弱いから逃げ打つヤツ多いけど。

私はいつでも聞いて下さってウェルカム。
心理分析も加えて説明しますから。

筆記用具もご用意して下さいね。
全部メモ取らせますから。

だけど、あちこちで噂を流すヤツほど聞いて来ないけどね。

なぜ嫌われたのか。
そこから逃げないのは大事。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

嫌わないで、見捨てないで、というあの縋りつかれ感は、
付き纏い(ストーカー)被害に合った人には判ると思います。

ストーカーって特別な人がやると皆さん思うと思いますが。
誰でもやる可能性はあるんですよ。

片思いの人をずっと目で追った事くらい皆さんありますよね。
今日も元気そうだわ。とか、かっこいいなぁ。とか、可愛いなぁ。とか思ったことありますよね。

でもこれを好きでない人にやられたらどう思います?
監視されている。と捉えるか、睨みつけているとこちらは感じます。

それ位、人と人との間には感情の温度差がある。

人って、防衛機制が過剰に動き始めると、現実を見ないで思い込みで全てを認識し始めます。

自分が好きな人が誰かと話しているとやきもきしますよね。
私には笑い掛けてくれないのに、あの人には笑い掛けてくれてズルい。とか悔しい悲しいとか。

取引先の人への仕事上の愛想笑いすら、そう捉える人もいます。

以前に女の嫉妬は相手の女性や子供へ向かうと書きましたが。
対象者へ振り向いてくれない怒りを向けたら、嫌われたり切られるからです。

だから、対象者より弱いか、
好かれているであろう相手になら何をしても良いという八つ当たり思考が生まれます。

これね、同性の友人間でも普通にやりますよ。
私の方が先に仲良くなったのにとか、私の方があなたの事理解しているのにとか。

感情的に辛くなると合理化という正当化の舞台を作り、妄想という脚本を書き演じ始めます。

そうやって逃げてないで、現実見て下さい。
もう側にいない、あなたから離れたことが、現実で事実です。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

37歳の頃だったかな。

失恋する度にこの世の終わりのような電話をしてきたり、
泣きながらウチに来る友人達全員に、いつしか私はヘトヘトになった。

同時刻に1人はウチに来て、1人は家に電話して来て、1人は携帯に電話して来た。

その時に、ブチっと切れてこう言った。
「私は金輪際、パートナーへの愚痴も不倫の悩みも恋愛相談も二度と聞かない。
あなた達の愚痴は永遠に聞かない。」

と、宣言した。
普通、こんなこと言われたらもう連絡しないよね?

これがして来るんだな。

あれから反省して変わっただ何だと言うのよ。
あれからあなたの事を忘れたことは無かったと言うのよ。
あれから何度もランチに行こうとメールしようと思ってた。と言うのよ。

数年後に会っても、
誰も何も変わっちゃいなかったね。

黙っていると聞いてくれていると勘違いして、
あれからどんなに大変で頑張ったかの話しを聞いてもいないのにして来る。

内容は登場人物が少し変わっただけで、幸せになった話しがない。
どれだけ大変か。という不幸自慢で終わる。

本当に変わった人は不幸のリバウンドしないんだよ。

こういう人達は口を揃えてこう言う。
私、繊細で傷つきやすいの。と。

確かに、自分の傷には敏感で繊細ね。
だけど、そういう人ほど、他者への痛みや傷に鈍感でありものすごい迷惑を掛けている。

私って可哀想。。という悲劇のヒロインは暴力です。
私は弱者である。という最強の暴君である。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

感情の振り幅の激しい人は、自分だけの劇場で生きている。
そんな話しが友人との間で出ましてね。

周りの人間はその人達にとって全て自分劇場の演出の小道具である。との友人の表現に上手いなぁと感心。

私に限らず、日常生活の中で、いつも辛い苦しい話ししかしない人へは話しを聞かないことが一番の親切です。
その人が現実逃避して苦しい道へ逃げる手助けしてることになるから。

ま、私は人徳薄いのでこんな人ばかりだったと思います。
皆さま、どうぞ反面教師にして叩き台としてお使い下さい。

レイキ講座、思考と生き方のクセを知りあたなの優しさを学ぶ心理学講座、
カードとのコラボセッションのお申込みお待ちしております☆

☆ブログランキングに参加しています。クリックお願いします☆

人気ブログランキングへ


[PR]
by ricca218 | 2014-03-28 23:50 | 心理学系のはなし

埼玉県ふじみ野市在住 タロットセッション、魔法と心理学講座、レイキ講座を開催しています


by 熊谷千春
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31