距離感の大事さ。

今回はこちらの宿題に手を焼きました。
e0233191_19410021.jpg
e0233191_19422002.jpg
e0233191_19422730.jpg
写真は友人が私の話しを聞いてアマゾンでポチって購入し、FBに紹介アップした画像からお借りしました。
お借りしますねー。(事後承諾w

こんな感じのとてもシンプルな絵を描くだけです。
だけなんですが、これがキツい。

4~5回はただ眺めるだけで過ごしました。
ちなみに、これは心理テストの類ではないです。

自分の外の人間を意識して描くものではなく、自分が感じたままを描く。
うーん、ありきたりな感想しか書けませんね。
自分が表現出来ることなんて、いつもほんの少しです。

この絵についての話しは、
今月末の最後の講座で作者の大塚英志さんがいらっしゃり信田さんと対談形式で話してくれるそうです。

どうか、オイラの絵は例として話題に上がりませんように☆(後ろ向きw

今回の回で「団塊女性を問い直す2」は終わり。
信田さんの話しは今回も盛りだくさんでメモもいっぱい。

引き籠りの男性の高齢化の問題。
母親に丸投げし、子供の問題に一切関わろうとしない父親達の話し。
それゆえ、母親の子供支配も強まるという図式はいつ聞いてもがっかりします。

父親の取る様々な事例を聞いて感じたことですが。
自分の体験だけが正しい、またはそう考えるよう会社や社会に刷り込まれた事に対して、
全く疑問に感じないのは、人としての生き方をある意味放棄しているな。と思います。

歴史を学びその背景も知りました。
ですが、どんな理由であれ、どこかそれを唯々諾々と受け入れた側面もあるはず。
高度成長期の男性の妻と子供ために働いた。という大義名分は言い訳だよな。

人というのは、どの人も同じように感じ考えるとは言い切れない。
確かに、同じ空間で同じ事をやらされると似たような事を植え付けられます。

でも、オリジナリティというものはどの人にも必ずあるはず。
それはなんなのかは、自身をしっかり見つめて行く以外無くて。

信田さんの言葉ですが。
「お互いの間にどれだけの不和があろうと、
夫婦は子供の事に関しては協力関係を持つ事は大事だと思います。」

お互いの不和は不和として横に置き、子供のことに関しては冷静に考える。
こういう距離感を持つ人がとても少ないように思います。

個人的に思うのですが、自分以外の人を1個人として尊重する概念が薄いんだろうな。と思う。
いや、自分すら何かの付属として思っているかもしれない。

恋愛で一番危険なのが、恋だ愛という情を持ちだして、人と人との距離感の無さを作る事。
人は適度な距離感を保つ事で、人を尊重出来るそうです。

ちょっと脱線。
ロマンチックラブイデオロギーの話しが信田さんの講座の最初に出たのですが。
恋愛観も国策の1面を持つという話し。
この話しも纏めたいと思いつつ、日々流されますね。反省。。

ロマンチックラブイデオロギーについては、簡単な説明が こちら にあります。
調べればもっと出て来ますが、上野千鶴子さんの本を読んでも判ると思います。
脱線終わり。

恋愛観ですら、国策として誘導された1つの側面があります。
本やアニメやマンガやドラマもそういう側面をというか役割を担ってたり。

これは現実ではなく、1つのおとぎ話である。
と、自覚してその世界に没頭しないと危ないんですよね。

エロビデオ見て、それをすれば女性が喜ぶと信じてしまうのと同じ怖さがある。
そんな訳ねーだろ!なんですよね。

長くなるので予告を1つ。
I(私)がないとYOU(あなた)は立ちあがらない。
これはI(私)メッセージと相補交流の話しで出来たらと思います。

続きます。と書くと首が締まるのだけど、私は根が怠け者。
なので、どこかで制約があった方が気持ちがすっきりします。

全く関係ないのですが。
太陽水星水瓶は良いとして、月蠍金星山羊なんだが、月射手か月山羊もいいなと思う今日この頃。
いきなりホロの話しを書くのは実は土星の話しを書きたかったから。

好きが多いと大変なんです。というお話しでした。(笑

レイキ講座、思考と生き方のクセを知りあたなの優しさを学ぶ心理学講座、
カードとのコラボセッションのお申込みお待ちしております☆


☆ブログランキングに参加しています。クリックお願いします☆

人気ブログランキングへ

[PR]
by ricca218 | 2014-02-08 23:51 | 心理学系のはなし

埼玉県ふじみ野市在住 タロットセッション、魔法と心理学講座、レイキ講座を開催しています


by 熊谷千春
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30